出産内祝い・お誕生内祝い
地方発送

ご出産の内祝いに、おいしい川根茶の贈り物をお勧めします。

待望の赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。

出産内祝いは頂いたご好意へのお返しであると同時にお子様を初めて紹介しすることでもあります。
お子様を今後支えてくださる大切な皆様に心のこもったお返しをしたいものですね。


お茶は出産祝い・お誕生内祝いに最適な品物です

200g缶桐箱入り 200g缶詰め合わせ 150g缶詰め合わせ 100g平袋詰め合わせ


包装の形態 のし
お子様の名前を書きます
フリガナも書くことが出来ます


ご注文はこちらからどうぞ【買い物かご利用方法】
下記は一例です
商品コード 商品名 単価【税込価格】
A−2 名人づくり200g缶入り 5400円
C−4 里の詩200g缶2本詰め合わせ 5290円
D−3 春訪・里の詩150g缶詰め合わせ 4200円
N−1 初摘・春訪100g平袋詰め合わせ 3050円
上記は一例ですその他にも色々ございます・・・・ギフト用のお茶一覧をご覧下さい
ご家庭でお使いになる袋入りのお茶は・・・・ご家庭用のお茶をご覧ください

「のし」の種類・お名前は買い物かごをご利用していただいている中にご記入欄がございます

贈り主様に代わって当園から全国へ発送いたします。・・・地方発送いたします。
そのほかにも色んなギフトがございますのでご予算に応じてお選びください・・・こちらです
わからないところがございましたらお問い合わせください・・・0547-57-2693
「川根茶」とはこんなお茶なんです。・・・・・川根茶とは?
お茶生産農家(相藤園の園主)のこだわり・・・・私のお茶の作り方


内祝マナーまめ知識
「内祝い」とは
親戚やご近所など親しい人の間でするお祝いという意味。出産内祝いも、もとは「子供の誕生を皆で一緒に祝ってください」という気持ちを込めて、お赤飯や紅白の餅などを配るのが習慣でした。最近では、お祝いをくださったかたへのお返しの意味合いが強くなっていますが、やはり「お祝いしてくださってありがとう」という感謝の気持ちを込めて贈ることこそ大切です。
いただいた分の半分くらいが目安です。







何を贈ればいい
一般的によく選ばれるのは、消耗品や日持ちのする食品などですが、
相手の方に喜んでいただけることが一番です。とはいえ、相手の気持ちの負担になるほどのものは避けるのもマナー。ご近所の方や友人であれば、簡単な品でも十分気持ちは伝わります。複数の相手からグループでお祝いをいただいた場合は、みんなで分けられるものがよいでしょう。






贈る時期は
出産後1ヵ月ごろ、ちょうどお宮参りの頃までに手配するのがよいでしょう。退院までに時間がかかる場合などもありますが、遅くとも出産から2ヵ月後くらいまでにはお届けするのがマナーです。出産後は何かと多忙なので、できれば妊娠中から準備を進めておくのがよいでしょう。




のし紙は
水引は蝶結び。端を持って引っぱるとほどけることから、「何度も繰り返したい」という喜びを表すときに用いられる結び方です。表書きは「内祝」とし、水引の下に書く名前は、お披露目の意味も込めて、誕生した子どもの名前を入れるのが一般的です。



誰に贈る
出産祝いをいただいた方に贈るのはもちろんですが、「身近な人々の間で喜びを分かち合う」という内祝い本来の意味から、両親や兄弟、親戚、友人などに贈ってもよいでしょう。また、子どもが生まれるとご近所の世話になることも何かと多いもの。赤ちゃんのお披露目とご挨拶を兼ねて、近所の方に、消耗品など気持ちの負担にならない程度のものをお贈りするのもよいでしょう






贈っていいもの悪いもの
食品なら、日持ちのするものを選びます。またいくつあっても困らない消耗品なども相手の気持ちに負担をかけないでしょう。タブーとされるものは基本的にありませんが、地域によっての習慣の違いがある場合もありますので、近隣の習慣を知っておくことも大切です。





ホーム お客様の声 ご注文・お支払い
発送について
特定商取法 プライバシーポリシー 送料について お問い合わせ


ホームへ
ギフト用のお茶一覧へ